糖尿病を予防する食材と生活習慣です。食生活の改善で糖尿病と戦う!サプリメントや健康食品の効果は?

糖尿病を予防する食材と生活習慣

普段の生活習慣を見直そう。

糖尿病になって、血糖値が安定しない状態が続くと、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症、さらには脳梗塞や心疾患など重篤な合併症が引き起こされるリスクが高まります。
残念ながら、糖尿病の血糖値をコントロールするのは簡単なことではありません。
同じ症状の人でも食事療法が効く人と効かない人がいたり、薬によって低血糖が起こったりするなど、治療の効果が確実に出るということがないのが糖尿病なので、糖尿病を予防する食材や糖尿病と生活習慣の関係を知って発症させないようにしましょう。

まず、糖尿病の予防に効果がある食材ですが、食物線維がたっぷり含まれるものがおすすめです。
食物線維は糖分の吸収を抑制する効果があるので、食事の最初に食べると、その後に食べる主食や主菜の糖分や油分の吸収を防ぐので糖尿病の予防効果が期待できます。
食物線維には、水溶性食物線維と不溶性食物線維の2種類があるので、どちらもバランスよく食べることが糖尿病の予防に効果的です。
水溶性食物線維はバナナやリンゴなどの果物、わかめや昆布などの海藻類、えのきやまいたけなどのきのこ類に多く含まれます。
不溶性食物線維は、大豆や枝豆などの豆類、ごぼうなどの根野菜、さつまいもなど芋類が豊富に含んでいます。
またタウリンを含むイカ、グルコマンナンを含むこんにゃく、コリンを含む山芋も糖尿病の予防に効果があると言われています。

広告

そして、糖尿病の予防にもう一つ重要なのが生活習慣です。
糖尿病は生活習慣病とも言われる病気ですから、名前の通り糖尿病と生活習慣はとても深い関わりがあります。
ただ、糖尿病を生活習慣で予防するには、まず自分の生活習慣を見直すことから始めてください。
食生活が不規則、飲酒や喫煙の習慣がある、定期的な運動をしていない、移動は常に乗り物を使う、ストレスが溜まっているという場合は改善していきましょう。
糖尿病を予防する食材を意識的に摂ることも大事ですが、暴飲暴食で油分や糖分を摂り過ぎたりするとインスリンの働きが低下してしまいます。
また食事の時間が不規則だと、体が脂肪を溜め込みやすくなり肥満に繋がります。
過度のアルコールを摂取したり喫煙というのは循環機能を乱すため、糖の代謝異常を引き起こします。
運動不足になると、血中のブドウ糖がエネルギーとして消費されないので、膵臓に負担をかけてインスリンの分泌異常が起こることもあります。
ストレスは自律神経を乱して高血糖を引き起こします。
このように、糖尿病と生活習慣は密接な関係にあるので、規則正しい生活を心がけることも糖尿病の予防になるのです。

広告

アルコール飲料は糖尿病の原因になるのか?

お酒は糖質が多くそれが原因で糖尿病になるリスクが高まるとされています。
しかし、ある大学の研究では1日に適量のビールを飲むと糖尿病予防につながったという研究結果もあったりします。

糖尿病患者さんはお酒は禁止されますが適量(ビール1缶、ワインならグラス2杯程度)なら問題ないとされています。医師と相談して指示された量を守るようにしましょう。