糖尿病と運動です。食生活の改善で糖尿病と戦う!サプリメントや健康食品の効果は?

糖尿病と運動

糖尿病予防に適度な運動を心掛けましょう。

糖尿病と運動は切っても切れない関係で、食事療法と並んで有効な治療法の一つです。
症状や段階にもよりますが、糖尿病は運動をすることで血糖をコントロールして現状維持が可能になることもあります。
運動には、血糖値を下げたり、体重を減らして肥満を防いだり、合併症の原因ともなる動脈硬化を予防する効果があります。

運動をして体を動かす時には、血液内のブドウ糖がたくさん消費されるので血糖値が減少します。
さらに定期的に運動を続ければ、ブドウ糖や脂肪をエネルギー源に変換する機能が高まるので、インスリンの節約にもつながります。
もちろん脂肪の燃焼も促進されるので、糖尿病の原因となる肥満の解消もできます。
他にも、血液の循環の促進やストレスの解消など、合併症のリスクも軽減する働きも得られるので、糖尿病には運動が必要不可欠なのですね。

ただし、糖尿病で運動をするというのは危険も伴います。
もしもすでに合併症を引き起こしていたり、自律神経に障害があったりすると、糖尿病の運動は逆に症状を悪化させることがあります。
例え血糖値が安定していても、何らかの原因で不安定になったり、発熱がある場合は糖尿病で運動をするのは控えましょう。
いずれにしても糖尿病で運動をする場合は、事前にかかりつけの医師に相談してメディカルチェックを行う必要があります。
メディカルチェックをした上で何も問題がなければ、効果的な糖尿病の運動を行っていきましょう。

広告

糖尿病の運動としてもっとも効果があるのは、たっぷりと酸素を取り入れる有酸素運動です。
血糖や脂肪を燃焼させるには十分な酸素が必要なので、普通の呼吸よりもたくさんの酸素を取り込める有酸素運動はとても効果的です。
もちろん激しい運動をする必要はなく、少し早歩きのウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなど、少し息は切れるけど苦しくない程度の運動で十分です。
息切れがするような運動だと、逆に酸素が取り込めなくなるので注意しましょう。
血糖や脂肪がエネルギー源として使われ始めるのは、運動を始めてから15分ぐらい経ったころからなので、糖尿病の運動として行う場合は最低でも15分、できれば30分ぐらいは続けましょう。

また、糖尿病の運動は血糖値が一番高くなる食後1時間から2時間に行うのが良いでしょう。
もちろんこの時間帯以外でも効果的ですし、運動による血糖のコントロールは翌日まで続くので1日置きでも構いません。 ただしインスリンなど薬で血糖値を下げている方は低血糖に注意してください。
ですが糖尿病の運動は続けることでインスリンの効き目を高めることができるので、医師の指導のもとで無理せず続けましょう。

広告