Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病です。食生活の改善で糖尿病と戦う!サプリメントや健康食品の効果は?

Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病

糖尿病にはⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病の2つの種類があり、それぞれに原因や症状、治療法が異なります。

Ⅰ型糖尿病

Ⅰ型糖尿病は、インスリンを作る膵臓の膵β細胞が破壊されたり、消滅してしまうことで起こる糖尿病です。
膵β細胞がこのような状態になる原因は、主にウイルスなどで自己免疫機能に異常が起こり、免疫細胞によって攻撃されてしまうせいです。
Ⅱ型糖尿病だと遺伝や生活習慣が大きく関係していると言われますが、日本の糖尿病患者におけるⅠ型糖尿病の割合は極めて少ないので、Ⅰ型糖尿病はほとんど遺伝しないと言われています。
Ⅰ型糖尿病の症状は、喉の異常な乾きや体重減少、多飲多尿などで、急に発症するというのが特徴です。
そのため、Ⅰ型糖尿病はすぐにインスリン治療を行わなくてはいけません。
基本的に生活習慣などは関係なく、インスリンがまったく分泌されない、もしくは絶対量が不足しているので、Ⅰ型糖尿病の治療はインスリンを適宜補給することが原則です。
自分の力ではインスリン量を増やすことが難しいため、インスリン注射を行って増やし血糖値を低くするのがⅠ型糖尿病の治療になります。

広告

Ⅱ型糖尿病

Ⅱ型糖尿病は糖尿病患者の95%を占める糖尿病で、主な原因は生活習慣と遺伝にあります。
食べ過ぎ、ストレス、肥満、運動不足、生活習慣の乱れにより、インスリンの働きが低下したり、分泌量が不足したり、インスリン受容体が働かなくなって血糖値が上昇するのがⅡ型糖尿病です。
Ⅱ型糖尿病は自覚症状がほとんどないため、気がついたときには進行していることが多く、合併症のリスクも高いのがⅡ型糖尿病の特徴です。
Ⅱ型糖尿病の治療法は症状の進行具合によって異なりますが、基本は食事療法と運動療法です。
カロリー計算はもちろん、糖分や油分の摂取制限などを行いながら、血行促進や肥満のための運動を行います。
それでもよくならない場合は、Ⅱ型糖尿病でもインスリンによる治療をプラスしていきます。

広告

Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病どちらの糖尿病にも共通しているのは、治療法があったとしても完全に治すことは難しいということです。
インスリンの分泌や働きの異常は、現代の医学では治せないため治療といっても対処療法になります。
しかし、きちんと療法を行うことで、症状の悪化を防ぐことができますし、早期発見であれば普通の人と変わらない生活を送ることができます。
Ⅰ型糖尿病もⅡ型糖尿病も初期は自覚症状がなく、症状がでてからではかなり進行していることが考えられます。
ですので、初期段階を見逃さないためにも、年齢にかかわらず血糖値検査を受けましょう。