糖尿病と漢方薬です。食生活の改善で糖尿病と戦う!サプリメントや健康食品の効果は?

糖尿病と漢方薬

漢方薬は糖尿病に有効?

西洋医学は病気の原因に対してアプローチする治療を行いますが、漢方医学では病気は体全体の血、気、水の和を整える治療を行います。
体全体の巡りを整えることで、人間がもっている自然治癒力を高めて病気を治すのが漢方医学であり、その治療に使われるのが漢方薬です。
糖尿病の治療は食事療法と運動療法、インスリン療法がメインですが、症状や段階によっては漢方薬での治療も効果的です。

日本の国民病とも言われる糖尿病と中国の伝統医学である漢方薬は一見関わりがないように思えますし、効果があるようにも思えないかもしれません。
確かに薬のように血糖値を劇的に下げる効果はありませんが、糖尿病と漢方薬は実はとても相性が良いのです。
漢方薬なら低血糖を起こす心配もなく、さらに体内の巡りを改善することで合併症のリスクも軽減できるのです。

漢方薬は、糖尿病の段階に合わせて使うのが効果的とされています。
初期段階で、まだインスリンなど薬物治療を行っておらず、食事や運動での療法をしている場合は特に効果が高いです。
漢方薬は血行促進やコレステロール値の低下などに効果があるので、生活習慣の改善を効率よくサポートします。
またⅠ型糖尿病に多い、口渇やだるさ、倦怠感、多尿などの症状を緩和する効果も期待できます。

広告

薬物療法を行っている中期段階では、漢方薬は西洋薬と併用して使用します。
併用なら無意味ではと思われますが、漢方薬を取り入れて進行を抑えれば、西洋薬の使用量を増やすことなく現状を維持できます。
また、食事と運動の療法も適切に行っていれば、西洋薬をストップできるというメリットがあります。
さらに漢方薬の種類によっては、動脈硬化や神経障害、網膜症など糖尿病の合併症を予防する効果があるとも言われています。
基本的に、インスリンが分泌されなくなっているⅠ型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)の場合は、インスリン療法が必須なので漢方薬を用いても薬をやめることは出来ません。
ただ血糖値を下げる効果は期待出来ませんが、その代わり合併症の予防という点ではⅠ型糖尿病にも効果が期待できます。

日本ではまだまだ西洋医学による治療がメインですが、糖尿病に対する漢方薬の効果は年々注目が高まっています。
特に注目されるのが田七人参という高麗人参の仲間のような漢方です。高麗人参の数倍のサポニンという栄養素を含む田七人参はそのサポニンがインスリンと似たような働きをすることで血液中の糖質が溶け込むことを予防するとされています。
つまり、糖尿病の予防や進行を抑えることができると言われています。
田七人参について詳しくはこちらの田七人参の紹介サイトを参考にしてください。

田七人参のサプリメントでは白井田七 が有名です。

広告

最近はドラッグストアなどでも市販の漢方薬が売られるようになっているので手軽に取り入れることができますが、あくまでも薬ですから自己判断で服用するのはやめましょう。
医療機関によっては、漢方薬を処方してくれることもあるので、必ずかかりつけの医師に相談するようにしてください。