糖尿病は治る?です。食生活の改善で糖尿病と戦う!サプリメントや健康食品の効果は?

糖尿病は治る?

糖尿病の関する情報はたくさんありますし、その中には「糖尿病は治る」という説もあります。
ただ糖尿病が治るかどうかは、判断する人によって完治の基準が異なるので、糖尿病は治ると言い切れないのが現状です。

成人の10人の1人の割合で発症していると言われる糖尿病ですが、これだけ多くの症例があり、治療の開発も行われていながら、糖尿病の確固たる治療法は確立されていません。
その理由としては、糖尿病の原因自体がはっきりとしていないからです。
もちろん原因は生活習慣や遺伝、加齢などが挙げられますが、根本的な原因は糖の代謝機能に異常が起こることです。
人によって糖の代謝異常が起こる原因が異なり、またその原因も複数の要因が重なっていたりするので、原因が特定できないのですね。
どんな病気でも言えることですが、原因を取り除いて改善しないと治すことは出来ません。
その原因が曖昧なので、糖尿病が治るかどうかも人によって変わってしまうのですね。

広告

ただ、完治の基準が薬を飲まなくても良い、ある程度普通の生活を送ることができるというのであれば、糖尿病は治ると言えます。
原因がはっきりしていないと言っても、ブドウ糖を過剰摂取しないようにしたり、消費を促進したりすれば血糖値は改善されていきます。
血糖値がある程度まで安定すれば、糖尿病の治療薬も必要なくなることもありますし、食生活も運動も特に意識しなくても大丈夫になるかもしれません。
この状態が完治と言えるなら、糖尿病は治るといっていいでしょう。

ですが、一度糖尿病になったら体内の機関の働きは健康なときとは異なりますから、再発するリスクは高くなります。
健康な人でも常に糖尿病になるリスクはありますが、糖尿病を発症した場合はそのリスクがさらに高くなるので、糖尿病が治るとしてもしっかり管理しなくてはいけません。
そのため糖尿病は治らないという言い方をされることがありますし、一生付き合っていくしかない病気とも言われるのですね。

このように、いろいろな切り口で糖尿病が治るかどうかを考えると、はっきりした結論はなかなか出せません。
ただし治療を続けていく上で、「糖尿病は絶対に治らない」というのであれば、やる気もしなくなってしまうでしょう。
もちろん合併症を防ぐためにも治療は必要ですが、ネガティブな思考で治療するより、ポジティブな気持ちで治療した方が良い結果が出ます。
ですので、どんな説や考え方があるとしても、「糖尿病は治る」という気持ちで取り組んで治療を行っていきましょう。

広告